うつの症状、不眠、離婚、過食などでお悩みの方は、うつ病のカウンセリングの「中坂裕計」お気軽にご相談ください

カウンセリングルーム佐世保基本情報”/>

<住所>〒857-0843 長崎県佐世保市大黒町19-8
<対応エリア>長崎県は佐世保を拠点とし、九州全域、さらに全国からのご相談にも対応

営業時間

9:00~21:00 (不定休)
※緊急電話24時間対応
(相談は有料)
 

担  当

中坂 (なかさか)

お問合せは無料です

090-2586-5425

電話番号

0956-31-2020

九州一人気、日本一優しいカウンセラーとしてカウンセリングルーム佐世保(長崎県)では

うつ症状改善の当ルームでカップルカウンセリングで幸せな結婚・婚約のパスポートを!

ブライダルシーン

結婚は幸せなもの、そう信じていたい

でも離婚などの話も耳にして
少し不安がありませんか。


日本人のカップル3組に1組が離婚。そして1組は問題をかかえ、残る1組は幸せな結婚生活を築く工夫をされています。

 

結婚前にパートナーに言えてないことありませんか


幸せな結婚を夢みるけど、不安は誰もが抱き、
ストレスやマリッジブルーなどからうつに、勢いで結婚したけど幸せ感が共有できてない


溝ができ、修復不能なお思いがけない展開になった物語は多々あります。メンタルではうつなどの心のトラブル症状のリスクもあります。


それでは、それを避けるために、カウンセリングルーム佐世保では幸せな結婚をサポートする、事前に理解しあう結婚・婚約前のカップルカウンセリングを実施しています。


結婚前にクリアにしたいこと、なぜか遠慮して二人の間でも話しづらいことをカウンセラーなど第3者を交えて話すことでこころにひっかかっていたことが話せることで幸せな結婚へすすめるのです。


テレビの「新婚さんいらっしゃい」は結婚後になりますがこれもカウンセリングと同じことで二人きりではいえないことを話せて早めの修正ができるようになるのです。


カウンセリングルーム佐世保の相談事例

性格、性癖 出産や養育の役割分担 家族間のつきあい同居 不倫、 モラハラ 浪費癖(借金、通帳の管理の認識)、浮気など

カップルカウンセリングで何ができるか

キスシーン

<毎日が新婚でもいいのでは>

毎日が新婚、何十年も幸せな夫婦がおられます。


ある夫婦は、結婚してケンカすることはあるだろうから、結婚前に、「何があっても毎日お風呂に二人一緒に入る」と宣言し、 その約束があるために、脱線するような間違いを避けられているカップルもおられます。


事前の約束がなかったら、ケンカして、2,3日は口もきかない、さらに別居、離婚のリスクもあります。でも、お風呂の約束で、

ケンカしても、その気持ちをお風呂が修復して
くれて、にらみあうことが笑顔に戻りやすくなるのです。


新婚当時は毎朝のキスが当たり前だったのに、ケンカなどを機になんとなくしなくなった夫婦が多いのです。


修復するタイミングを失い、互いに躊躇してそのままになってしまいます。

 

でも、お風呂にお子さんといっしょに一週間に1回は入ることなどを約束や修復できる関係を事前に築いていればどんなに素敵な家族でしょうか。


キスはできなくなっても、朝、夕の挨拶でハグをすることで、言葉を交わさなくてもお互いに「いってらっしゃい、ただ今」の会話がこころで伝わりやすくなります。


お子さんも幼稚園や学校でいやなことがあっても、話せる家庭が造れるのです。


ハグを30秒するだけで、ストレスなどを相互に癒すオキシドシンというホルモンがでて
くることが知られています。


毎朝、「おはよう」を約束すると、不都合なことがあると、顔もあわせにくくなりますから、お互いが気持ちいい朝を迎えられるだけでなく浮気予防にもいい習慣になります。


当然、「ただいま」や「おやすみ」もすてきな習慣ですね


ベッドで、手をつないで眠るというカップルもあられます。

 

 

結婚・婚約が決まる頃は「お互いいい関係を築こう」というモチベーションがかなり高い時期。


だから、少々すれ違いが生じていても、
お互い頑張って修正しよう、という意欲が
高い時期なんです。


だから、この頃はとにかく言いたいことを言いましょう、と第3者のカウンセラーの前でもケンカになってもいいんです。


いや、むしろ、ケンカができるくらい
相手に対して真剣になって欲しいんです。


もちろん、ケンカをしたり、言いたいことを
言えば「別れ」や「婚約解消」に至る可能性は否定できません。

でも、我慢して「結婚」をしていても、その後は
続かないことは明白です。

何十年も我慢し続けますか?いつか崩壊してしまいます。

うつ症状など精神的にもダメージをうけます。


だから、一生ものと思って「何でも言いたいことを言い、伝えたいことを伝える」ことは結婚・婚約への覚悟を強く高めてくれます。

 

お互いにその意志を持てば、早くも絆が深く
結ばれることになります。

素敵なある意味、幸せの結婚ためのカウンセリングになるのです。


ただ、全てを知る、知らせる必要はありません、二つの円が交わった部分を少しづづ理解を高めながら共有部分を広げていくぐらいでいいんです。

一輪車よりも二輪車が安定するのです。

全てを知る、知られるとなると、どうしても支配、服従や窮屈な関係に陥ることもあります、そこもお互いに余白をもつことが幸せな結婚の秘訣でもあります。

 

カップルカウンセリングはなぜ、必要か

話し合うカップル

<向きあって会話をする大切さ>

初めはお金の問題だったのが、金銭感覚などの価値観や性格へのトラブルに変化することもあります。


もちろん、付き合っている間に相手のすべての性格を見抜くのは不可能だと思いますが、
様々な話し合いを通じてお互いを理解しようとする姿勢を作ることは大切だと思います。


とかく日本人は話し合うのが苦手な国民だと言われます。

もともと男性はコミュニケーションが苦手で黙り込んだり、怒ってしまったり、話し合いが成立しないこともあります。

女性は自分の感情を話すことについては長けていますが筋道を立てて話をすることは苦手な方も多く、男女の会話の多くにすれ違いが生まれます。


しかも結婚後は、家族にも友達にも心配かけたくないと、一人で悩み、うつ症状など深刻な病気へと陥るリスクもでてくるのです。

幸せな結婚をしたいと思う二人の価値観を修正しやすい結婚・婚約前のカウンセリングを
カウンセリングルーム佐世保はサポートします。

カップルカウンセリングで結婚・婚約前にここにきづいてほしいから

肩を寄せ合うカップル

<気持ちがいつも伝わる>

お互い違う環境で育ってきた者同士です。

ぶつかるのが当たり前。「私たち、全然ケンカしないんです」というカップルの場合、よほどのことが無い限り、どちらかが我慢しているケースが多いと思います。

 

同じところを見つける方が難しいくらいだと思います。

結婚してから「あいつのあんなところがむかつく」という場合も、その多くは付き合っているときから「なんとなく気付いていた」のではないでしょうか?


それを「ま、いいや」と看過していた優しさが、だんだん目をつむれなくなり、負の感情が大きくなるのです。イライラ、怒り、そしてうつ症状にと。

 


ケンカを怖れずに話し合いを続けることで、相手をより理解することができます。

「口では悪いこと言ってるけど、中身はけっこう素直」

「すぐに意地を張るけど、実際は甘えん坊」

「強がってばかりいるけれど、本当はすごく怖がり」

 

そんな相手を“大切にしよう”という意識があると、

「本当に言いたいことはきっと違うはず」

「素直に甘えればいいのにね」

「私がちゃんとサポートしてあげよう」

みたいな“愛情”を示すことができます。


また、結婚・婚約前に「話し合うことが二人にとっての当たり前」くらいになっていると、結婚した後も、何か問題があったときにも向き合うことが可能になります。


これがカウンセリングルーム佐世保が幸せな結婚へのカップルカウンセリングの一番のポイントです。

 

では、カップルカウンセリングで何をするのか

指切りするカップル

<自慢のカップルになる>

幸せな結婚のために、逆に離婚に至った
カップルの声から事前に事例の価値観を
相互に話し、確認する作業をすすめます。

 
 
離婚原因ランキング☆最も多い離婚原因
トップ10☆

 
 
 
ランキング1位 性格の不一致
 

--------------------------------------------------------------------------------
性格が合わないと夫婦が感じると、どうしてもお互いの間に溝や距離感が生じます。


お付き合いをしているときに気付かなかったことが気になったりします。

お酒やたばこさえも、酒癖やたばこのマナーなども気になり、それがストレスになることもあるのです。

そして何度も自問自答のうえ、離婚するしかない・・と思う夫婦が多いようです。

結婚する前に交際している時には分からなかったことが、結婚してから分かるということも多々あるようです。

それぞれのこだわりなどを話せたり、できれば旅行などで生活感を経験できるといいですね。


さらに、夫婦生活への価値観での男女の感覚もしっておくことは幸せな結婚へ、とても大切な条件だと考えます。


性癖を楽しめるかどうか、どちらかが支配的、あるいは暴力的なSEXを求めてないか

回数を一方的に強制されて、そのストレスでうつ症状になられる方もおられるのです。

愛されているのを確認したいからと最近は女性の方が回数が毎日という声もある 一方で、男性が無頓着な面があります。

ここもカップルカウンセリングで、明らかにして、歩みよる機会をもたれることで セックスレスや一方が我慢というリスクを回避できます。


 
 
 ランキング2位 子供を大切にしてくれない

 
--------------------------------------------------------------------------------
自分の子供なのに全く大切にしないということが、父親だけではなく母親にも見られることのようです。


子供にとっては両親が自分を愛してくれなければ
他にすがる場所もないという状態になります。


自分の子供なのにどうして大切に出来ないのか・・と思いながらも子供を虐待するような親が増えています。


こんな人の近くにいたら子供の命が危ないと感じて、離婚をしようと決めることも少なくありません。我慢しつづけてうつ症状にもなりかねません。


こどもが一番傷つくことになります。 こどもさんへの考え方も事前にこう育てたいという相互理解はとても大切です。
 
 
 
ランキング3位 夫や妻の浮気
 
--------------------------------------------------------------------------------
夫が浮気をしたとしても1度や2度なら我慢するという女性も以前は多かったようですが、
最初から妻の浮気を許せない男性は結構います。


夫の浮気に関しても、当然のように
浮気をしている夫を見ることに耐えられなくなった妻が、離婚を決意するということがあります。

自立した女性が多くなってきましたので、こんなに何度も浮気されて嫌な思いをするぐらいなら
離婚をしたいと思う妻が増えているのです。
 

事前に性癖も確認できるといいのですが、夫婦関係がうまくいかないときにどちらかが
スッとはいりこんでしまうことも多いのです。


離婚裁判では、できるだけ離婚を避ける道を探します。これは、離婚後の女性の社会環境や性環境が不十分なことも考慮されているからです。

ですから、女性の浮気による離婚でも、女性が浮気に至った状況をつくったのは男性が悪いとされる傾向があるようです。


ともかく、夫婦で、浮気をする環境に至らない事前の努力や工夫が求められています。

 


 
 
ランキング4位 夫や妻の実家との折り合いが悪い
 
--------------------------------------------------------------------------------
妻の実家や親戚と、夫との折り合いが悪いという場合や、
夫の兄妹と妻が仲が悪いというようなことなど、様々な問題が出ることがあります。


ある程度折り合いをつけてうまくやっていきたい気持ちはあっても、親族で集まるたびに気まずい空気が流れ、帰宅後に夫婦相手でもめると
いうようなことはあり得ます。


出来れば自分の兄妹や両親、そして親戚と仲良くしてほしいと思いながらも、努力をしてくれない夫や妻を見ると、もう夫婦として私たちは無理かな・・と感じることもあるようです。

一人で抱え込んでうつ症状にならない、させない思いやりが大切です。
 
 
 
ランキング5位 モラハラをしてくる
 
--------------------------------------------------------------------------------
まさか家の中でそんな目に遭うとは思ってなかったという人も多いでしょう。

でも自分が良かれと思ってやることや、自信を持っていたことに対して、結婚相手からモラハラ(自分の価値観をおしつける)を受けるということはよく聞く話です。


それが理由で自信を失くして、精神的に落ち込んでしまうような日々が続き、社会に対しても不安を感じながら生きていくことになる場合もあるのです。

モラハラをする側としては、それをストレス解消にしている場合もありますので、それが分かった時点で離婚をすることは賢明なことかもしれません。
 
 
 
ランキング6位 夫や妻に浪費癖がある ギャンブル癖がある 借金 通帳を見せない
 
--------------------------------------------------------------------------------
妻に浪費癖があるとしたら、せっかく夫が稼いできたお金であっても、貯金をせずにどんどん使われてしまうことになります。


そうなると夫は妻のために頑張ろうという気持ちを失ってしまうのです。

浪費癖があるというような人を結婚相手に持つと、ハラハラした日々を過ごさなければいけません。

そしてそのことで喧嘩をすることも多くなるでしょう。気が弱い人でしたら相手に言えないでストレスとして溜めてしまうかもしれません。


浪費癖はなかなか直らないものですから、
何度お願いしても直してくれないということでしたら、精神的にうつ症状になるより離婚した方が幸せかもしれません。


その他、たばこやお酒の依存症にならない工夫も結婚生活には大切です。

健康面でも、お互いの思いやりの約束ができるといいですね。
 
 
 
ランキング7位 相手からの暴力が原因 DV
 
--------------------------------------------------------------------------------
以前では夫が妻を殴るということが多かったのですが、近年では妻が夫に暴力をふるうということも報告されています。


草食系男子が増えているからということもありますが、女性が強くなったということもあるのです。
男として妻の暴力に耐えられなくなり離婚を決意する男性も多いです。


殴った方はそれですっきりするかもしれませんが、家庭においてそれが当然になってしまうと精神的にもまいってしまい、うつ症状や結果として離婚することになるのです。
 
 
 
ランキング8位 相手が家庭での役割を果たさない 育児を手伝わない
 
--------------------------------------------------------------------------------
夫が毎日のようにお酒を飲んで遅く帰ってきて、
妻は家事や子供の面倒を一人でみなければいけないというパターンが一般的です。


逆に妻が家事を全然せずに家の中が汚い状態ということもあるでしょう。


また、こどもが生まれても、妻に一方的に育児をまかせ、夜泣きなどにも夫が対応してくれないことによる睡眠不足などで、産後うつの症状の方が増えています。


そうなってくると、お互いが求めている理想の夫像、妻像とかけ
離れているということになりますので、我慢が出来なくなり
離婚を決意することになります。
 

最近は、夫婦とも働きが多くなっていますので家事の分担も事前に協力することを決めておくことが必要です。

どちらかが働かなくても、育児や掃除などの助け合う優しさを持ち合わせ確認したいですよね。
 
 
ランキング9位 自分の親との同居を拒否された
 
--------------------------------------------------------------------------------
両親が年を重ねると、長男や長女ということもあり親の面倒をみることは当然のようになってきます。


そういう時に結婚相手がそれを拒むということも
可能性としてあるでしょう。そうなると、自分の親を取るか結婚相手を取るかということで苦しむ人も出て来ます。

快くということは無理かもしれませんが
、自分と結婚したのなら親と同居してくれることは義務や責務として当然というように思った時、

相手がそれを受け入れてくれないということで、相手との距離を強く感じて結果離婚に至るということもあります。

ある程度、時期をおいてとか、事前に譲歩できるところを話しておく方がいざというときにも、切り出しにくいことを避け、一人悩んでノイローゼやうつ症状になることを避けられます
 
 
 
ランキング10位 相手から思いやりを感じない
 
--------------------------------------------------------------------------------
結婚してすぐの頃はあんなに優しかったのに・・今では全然相手から思いやりを感じられないということは多々あることです。

そういう自分も相手に対して思いやりを持てなくなっているかもしれません。


お互いがそう感じた時に、もう一緒にはいられないと思い、うつ症状になったり離婚することになる場合も多いようです。
 
人間はそうなることをふまえて、定期的に記念日、旅行、イベントなどを毎年、二人でチェックし、実行していくことがとても楽しくなる計画の日もおすすめです。


感謝の「ありがとう」や褒め言葉を二人の日記にしていくのも選択肢です


 
 離婚原因ランキングを見て、うちの夫婦も危ないかも・・と思った人は結構いると思います。昔に比べると離婚は日常茶飯事に行われていることです。

バツ1やバツ2の人も世の中にたくさん増えています。

男性の場合、お笑い芸人の離婚から生まれた×という言葉がついた方がモテるというようなことが言われもしています。

しかし、できればせっかく出会えた相手と仲良く暮らしていけることが幸せではないでしょうか。
 
カウンセリングルーム佐世保はそんなお二人を応援します。

カップルカウンセリングの申し込みは

もう一度、幸せな結婚・婚約のために
二人で確認し、話し合いたい離婚原因のまとめ
 

離婚原因ランキング☆最も多い離婚原因
トップ10☆
 
 ランキング1位 性格・性の不一致
 ランキング2位 子供を大切にしてくれない
 ランキング3位 夫や妻の浮気
 ランキング4位 夫や妻の実家との折り合いが 悪い
 ランキング5位 モラハラをしてくる
 ランキング6位 夫や妻に浪費癖がある
 ランキング7位 相手からの暴力が原因
 ランキング8位 相手が家庭での役割を果たさな い
 ランキング9位 自分の親との同居を拒否された
 ランキング10位 相手から思いやりを感じない 

この事例をさけることを事前に話すだけで、かなり結婚への不安が減ります

幸せな結婚を確実にするために、ぜひカウンセリングルーム佐世保の
カップルカウンセリングをご検討ください。


料金 1回目 90分 10,000円


2回目以降 50分 5,500円

 

お申込みのカップルにオリジナルブーケの割引特典もあります。

 

結婚・婚約前に幸せな夫婦生活へつなげるスイッチをカウンセリングルーム佐世保(九州・長崎県)で、みつけ離婚や産後うつなどを避けるカップルカウンセリングを

 

申し込みはこちらをクリック

代表者プロフィール

中坂裕計

代表 中坂裕計
カウンセラー資格
  • 上級心理カウンセラー
  • うつ病アドバイザー
  • キャリア・コンサルタント(国家資格)
  • 産業カウンセラー
  • パステル和アート
    公認インストラクター
    など

私も以前「心の病」を経験し、うつや過食・拒食、離婚などにカウンセリングの重要性を感じて、カウンセラーの資格を取得しました。

あなたの悩みを真摯に受け止め、共に考えるというスタンスで進めていきますので、ご安心ください。

ご連絡先はこちら

カウンセリングルーム佐世保室内

カウンセリングルーム
佐世保

0956-31-2020

090-2586-5425

住所

〒857-0843
長崎県佐世保市大黒町19-8

受付時間

9:00~21:00(不定休)
※緊急電話24時間対応

対応エリア

長崎県は世保市を拠点に福岡、佐賀、熊本、大分、宮崎、鹿児島など九州全域。
その他、全国の皆様のご相談にもお応えいたします。

全国から実績
北海道, 青森県, 秋田県, 岩手県,  山形県, 宮城県, 福島県県,
新潟県,群馬県, 栃木県, 茨城県, 千葉県, 埼玉県, 東京都, 神奈川県
静岡県, 山梨県, 長野県, 富山県,  石川県, 福井県, 滋賀県, 岐阜県,
愛知県, 三重県, 奈良県, 和歌山県, 大阪府, 京都府, 兵庫県
岡山県, 鳥取県, 島根県, 広島県,  山口県, 香川県, 徳島県, 愛媛県,
高知県,  , 沖縄県
 

アメブロで毎日の
こころのメンテナンス

アメブロ  心の修理屋

ブログはこちら

カウンセリングcom認定証

心理カウンセラーcom認定証

lisiting審査通過証

カウンセリングナビ認定証

心理カウンセリングサーチ認定証

QRコード

<img src="/_p/1361/images/pc/9de4622e.png"alt=”カウンセリングルーム佐世保QRコード”/>